業者が使うワックス

リフォーム後

どこのご家庭にもある木製の床、フローリングは お手入れも簡単で、長く使えるものですが 熱や湿気に弱く、時間がたてばやがて 滑りが悪くなることや、艶が剥げていくこと、 さらには床の腐食などの劣化が始まることがあります。 そうしたことを防ぐためにも、フローリングのリフォームが必要です。 しかしリフォームでは費用がかかってしまうことがあるために、 簡単なワックスがけなどをして、床を塗りなおせばよいのです。 床用ワックスはホームセンターなどで入手でき、 ワックスがけのグッズなどもそこで手に入れることができます。 ですが一般でやるにはテクニックが必要なので、この場合 ルームクリーニングなどのお部屋の改修のプロに依頼すると無難です。

プロのリフォーム業者が使っているワックスのなかには フロアコーティングとよばれているものがあります。 このフロアコーティングは、新成分を配合しており、 ガラス繊維などが用いられているのですが、 そのために常に硬質で、傷がつきにくく また、太陽光などの熱にも強いという素材なのです。 フロアコーティングはひと塗りすれば床に新築同様の 輝きを取り戻すことができ、丈夫にできます。 また、熱を反射することや湿気対策にも非常に有効です。 汚れもはじくために、軽く拭くだけで落ちるなど ワックスのバリエーションによっては特殊なものが存在します。 床を長持ちさせるなら、プロが使っているワックス フロアコーティングを使用することがベストです。