使い方に気をつける

フローリング

トイレトラブルで特に多い事には、排水の詰まりがあります。 詰まりが発生する場所としては、大便器でだけでなく小便器が考えられますが、原因は場所により様々です。 大便器の場合、一度に大量にペーパーを流したり、水に溶けない物を流したといった理由がほとんどです。ペーパーは一度に流すよりも数回に分けて流していくの事が詰まりの予防になります。また、紙類であっても水に溶けるものかどうか良く確認することです。 小便器の場合は、配水管内での尿石の蓄積が原因となります。尿石は一度付着してしまうと除去が困難ですので、定期的に大量に水を流したり尿石を除去する薬剤を流す事で予防できます。 以上の様に、普段から使い方等を注意することにより、手遅れになり専門業者へ修理を依頼する等の余計な出費が不要となります。

最近の便器には様々な機能と共に、詰まりによるトイレトラブルを防ぐための工夫がされています。 大便器では洋式便器が主流にとなり、ウォシュレット付きの物が多くなってきています。ウォシュレットによって、ペーパーの使用量を極端に抑えることができますので、ペーパーの使いすぎによる紙詰まりのトイレトラブルの予防となります。 小便器では、定期的に自動で一定量の水が流れたり、センサーに反応して使用前後に必ず水が流れるタイプや、それに加えて尿石を除去する薬剤が一緒に水と流れ出るタイプがあります。この機能によって、自ら水や薬剤を流すことなく尿石の蓄積による配水管の詰まりのトイレトラブルを未然に防ぐ事が可能となっています。